体に蜂蜜を塗っている人

ベッドと通気性

湿気の多い日本には通気性が大切

ベッドといえば、大型家具の部類に入り、価格もそれなりにかかるものというイメージがあります。一般家庭で使用するものであればなおさらで、何十年と毎日使い続けるためには優れた耐久性が必要になるため、価格もそれに応じて上がっていくのです。しかし、そのようなベッドの中でも、比較的安価で、人によっては需要の高い種類のものがあります。それがすのこベッドです。このすのこベッドの特徴は、なんと言っても通気性が良いことです。日本には湿気が多く、家の中に結露ができたり、カビが生えたり、また換気がうまくいっていなかったりと通気性の悪さが顕著に現れます。そのため、すのこのような素材が最適であると考えられ、一般のベッドの素材と比べても手に入りやすいことから注目されているのです。

すのこベッドが便利な理由

今でさえ、小さな子供からお年寄りまでベッドを使用する人が増えてきたものの、昔であれば畳の上に直に布団を敷いてねることが当たり前であったので、湿気の悪影響は非常に大きかったものと思われます。頻繁に乾燥させても、布団を干す手間は相当なものがあります。しかし、すのこベッドであれば床に敷くタイプでも通気性が確保され、干す回数が少なくてもある程度の湿気は防ぐことができるのです。また、その軽さから、折りたたんで収納できるものもあり、部屋が狭い場合や一人暮らしで簡易的なものを好む場合などは非常に便利です。このようにすのこベッドは現代人の暮らしや生活スタイルに非常にマッチしたものと言えます。選択肢が増えれば増えるほど、生活は豊かになっていくのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加